オプションは最低限に

荷物量やサービスしだいでは基本のサービスに追加料金のサービスを依頼することになるなど、追加分をなるべく出さないようにするか減らすことが安く抑えることにつながります。オプションは必要ないものは選ばなくても良いですし、必要なら追加で頼むことが出来るというものです。必要なオプションが出てくることもありますが、出来る限り自身で出来る作業はこなしてしまうことで解決できます。可能な範囲の作業はオプションとして頼まないのが安く抑えるための引越し全般の原則です

業者必要なことは自分でやることは、箱詰めをプラン外にして費用を浮かすのと同様の費用効果が期待できます。出来る限り余計なサービスを省いて価格を安く見積もります。そして、清掃費用・ハウスクリーニングといったものを頼まない、箱を自分で用意して資材の費用を生じさせないなどです。エアコンの設置・取り外しやペットの移動などは出来る範囲で選び、逆に自身ではどうにも出来ない大型家具やトラックによる運搬面のことは業者に任せてしまうというのが大事です。

加えて、業者の中にはアルバイトを構成員とした引越しスタッフであることが主軸であり、安さを求める場合には必要となります。大手業者の中には質の高い引越しのためにプロフェッショナルで構成されていることで、費用が通常の人件費より高くなり料金自体が高くなる場合があります。そこは兼ね合いが必要で、安さとスタッフの質をどの範囲まで許容するのか、事前に家族と相談するか、業者に相談して比較することで検討します。